本文へ移動

太陽光発電のお医者さん

台風被害によるパネル交換

交換前

交換後

交換前

交換後

交換前

交換後

台風被害による架台補修

施工前

施工前

作業状況

作業状況

架台交換完了

架台交換完了

施工後

施工後

あなたの大切な太陽光発電設備は大丈夫ですか?

発電を開始してから5年以上経過する施設も多くなっています!!

太陽光発電はけっしてメンテナンスフリーではありません

内的要因なのか、外的要因なのか、故障の発見は困難です

早期発見でロスを最小限に抑えましょう

発電設備の安定運用をサポートいたします

あなたの大切な太陽光設備をお守りします

故障の一例

パネルの電圧低下

パネルの種類にもよりますが、通常の電圧は35V前後です

パネルのひび割れ

カラス等による落石の可能性も高く、完全に防ぐのは難しいのが現状です

ケーブル・接続部の異常

故障は外的要因によるものだけとは限りません

パワコン(表示部)のひび割れ

万が一ひび割れより水が浸入した場合、パワコンの故障の原因になりかねません

鳥フンのように見えますが内部の破損です

パネル清掃作業

過度の汚れにより発電量が正常なものと比べて約20%低下していました

before
after
清掃後発電量が回復し正常な値に戻りました。売電価格に直結するパネルの清掃メンテナンスはお忘れなく!

除草作業

除草前

除草後

除草前

除草後

作業状況(バロン使用)

作業状況(除草剤散布)

メンテナンスのご提案

発電設備の安定運用をサポート

なぜ必要→メンテナンスフリーではない

    1. 影、汚れ等から発熱による断線

   2. モジュール内部の半田不良
   3.   動物や風雨被害による配線不良
    (近年、小動物による被害が増えています。) 
   4.   経年劣化、半田はがれ等から接続・接触不良
                        など
 

※改正FIT法の施行により、太陽光メンテナンスが義務化されました。※

適切なメンテナンスが行われていない場合は、売電権利が失効する可能性があります!

「早期発見」でロスを最小限に

故障発見の難しさ

発電量の変化が季節要因か?故障要因か?
 
    1. 部分的に故障しても若干減るだけで気づきにくい
  2.   日照量や天候に左右されるため、故障が判断しにくい
  3.   自動運転のため、発電状態をあまり気にしない
 

影の影響で発電量が大きく左右します。

樹木の影により発電量が大きく減少していた事例

伐採前
before
伐採後
after
 設置当初より太陽光設備の裏山の樹木の影響は懸念していたお客様でしたが、昨年伐採を行ったところ発電量が増加いたしました。

外的要因の事例(鳥、小動物、蜂による被害)

カラスの仕業でしょうか?
こちらもカラス?
蜂の巣が

点検後診断結果をご提出させていただきます。もちろんご説明させていただきます。

お客様へより詳細な状況報告欄

三平産業 株式会社
[本社]
〒299-2512
千葉県南房総市岩糸2365-5
TEL.0470-46-2115
FAX.0470-46-2117

・土木工事業
・建築工事業
・とび・土木工事業
・石工事業
・ほ装工事業
・水道施設工事業
・電気工事業
・管工事業
・解体工事業

・国土交通大臣許可
 (特-27)(特-29)(般ー27)
 第25872号
 
[東京支店]
〒167-0022
東京都杉並区下井草5-11-13
マルシン井荻ビル3階
TEL.03-5303-9212
FAX.03-5303-9213

・管工事業
・水道施設工事業
・電気工事業
・熱絶縁工事業
・ほ装工事業
 
TOPへ戻る